庭が華やかになる|ガーデニングを楽しむコツ

植物に囲まれた暮らし自分だけの空間を楽しもう

暑い季節の花の育て方

夏は植物にとって生長がとまる季節なので、管理するポイントを押さえて上手に育てることが大切になります。特に夏の水やりは植物を上手に育てるのに重要なポイントで、水切れを起こしやすい季節なので、朝と晩の二回にたっぷり水を与えましょう。

バラを楽しむ庭作り

庭

優美な花を咲かせる楽しみ

花の女王とも言われるバラは、多くの人を魅了しガーデニングでも人気のある花です。ガーデニングでバラを楽しむにはバラ苗を購入し、植えるだけですが鉢植えにするのか、花壇に植えるのか、また、バラのアーチを作ったり、生け垣として楽しむのかなど、最初に目的や用途を決めておくといいでしょう。バラ苗と一口に言っても、その品種は多種多様です。バラのアーチを作るのに適しているつる性のバラは、枝をのばすときにさまざまなものに絡みつきながら成長していきます。シュラブ系と言われるバラは、自然な樹形を楽しむことができ、低いフェンスを作るのに適しています。木立ちながら横に張る性質を持っているバラは、花壇やボーダーに向いており、樹高もさほど大きくならないものです。木立ちで直立して成長するバラは、鉢植えや花壇に向いており、コンパクトな大きさです。また、バラは春の1回しか咲かないものから春夏秋と咲かせる四季咲き、繰り返して花を咲かせるものや不規則に花を咲かせるものなど、色々なパターンな花の咲かせ方があります。ガーデニングでバラを楽しむときは、どこに植えるのかや目的を考えてからバラ苗を購入しましょう。そして初めて、ガーデニングにバラを取り入れる初心者におすすめのバラ苗は、1.5年生のものでこの年数の苗はある程度大きく成長しているので丈夫で育てやすいものです。また、2年生大苗と言われるバラ苗も失敗が少なく初心者に向いている苗と言われています。

紫陽花

梅雨に咲く花

アジサイは育て方を間違えなければ誰でも簡単に楽しめる花で、梅雨の季節に青からピンクの綺麗な花を咲かせます。アジサイは弱酸性の土を好みますが、花の色はアルカリ性を強める事によって青からピンクに変化します。

菊

日本を代表する花

キクは昔から親しまれてきた花で、品種改良が進んでいるため花の色や形が豊富で、数多くの種類があります。正しい育て方をすれば美しい花を咲かせてくれるため、キクを育てるときには育て方のポイントを押さえておくことが重要です。