庭が華やかになる|ガーデニングを楽しむコツ

花

日本を代表する花

菊

花の形や種類が豊富

キクは日本を代表する植物のひとつで、正しい育て方をすることで美しく育てることができるため、昔から人気のある花です。また、キクの種類は数多くあり中国では2000年前から品種改良が行われており、八重で咲くボリュームのある花から細い花びらを持つものまで様々です。以前はキクの種類は黄色や白色が多く流通していましたが、最近では、赤やオレンジなど多様な種類が販売されています。そんなキクの育て方としては、日当たりを好む性質なので、一日で長時間の日光が当たる場所で育てます。キクは日光の当たる時間の長さによって花が咲く特徴を持っているため、花に覆いをかけたり夜間に照明をつけたりして、花の咲く時期の調整ができます。キクは庭植えか鉢植えにして育てることができ、秋に咲かせるためには苗を夏までに植えることが大切です。また、水やりは水が多いと根が腐ってしまうため、育て方としては土の表面が白くなって、乾燥してから水を与えます。夏はよく成長し乾燥しやすい季節なので朝夕の二回は水やりを行い、冬は休眠するため水やりを控えます。キクの花を大きくする育て方としては、リン酸の多い肥料を使うことがポイントになります。そのためキクの育て方で大切なのは、使用する肥料の成分に注目して、窒素やカリウムよりもリン酸の多い肥料を使いましょう。キクは多年草で毎年、花を咲かせてくれますが同じ場所で育てていると病気になりやすいため、出来れば一年に一回は植え替えを行うと良いです。また挿し木は春が適しており、先端から数センチの場所で切って水を吸わせてから、水はけの良い土に植えます。