庭が華やかになる|ガーデニングを楽しむコツ

花

梅雨に咲く花

紫陽花

水を好む植物

アジサイは日本の気候に適しており梅雨の時期に綺麗な花を咲かせますが、育て方を間違えると花が小さくなるため、正しい育て方をする必要があります。アジサイの育て方で重要なのは水を多めにやる事で、乾燥すると育成が悪くなるため注意が必要です。またアジサイはアルカリ性の土を好みますが、花の色はアルカリ性の土にする事で青からピンクに変化します。そのため、アジサイの色にこだわりがある方は、花の色に合わせてアルカリ性の強さを調整するのがポイントです。それから、アジサイは日当たりから日陰まで幅広く育てる事ができますが、西日が直接当たる場所では葉が傷んで育成が悪くなります。肥料は冬と夏に行いますが、冬に与える肥料は春の季節に育てるための肥料なので、ゆっくり効果がでるタイプの肥料を与えます。また、夏に与える肥料は新芽を大きくするための肥料なので、秋までに新芽を大きくするために、効果が早くでるタイプの肥料を使います。アジサイの育て方として適している用土は水はけの良い土で、弱酸性の土を好みます。庭植えのアジサイは基本的に植え替えを行う必要はないですが、鉢植えのアジサイは値詰まりを起こすため、一年に一回は植え替えを行います。また、植え替えを行う時期としては花が咲き終わった頃が適しており、アジサイが休眠する冬までに終わらせておくとよいでしょう。アジサイの増やし方としては挿し木で簡単に増やせます。方法としては、梅雨の時期に花が付いていない枝を先端から切って、水はけの良い土に挿します。